FC2ブログ

erte blog

フラメンコに奮闘する日々、新作衣装のお披露目、感動した出来事、 何気ない日々の出来事などを紹介します。

2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣装の流行

フラメンコを習い始めてたしか約6年。
自分で衣装を作り始めて約4年。
アトリエを立ち上げて約1年半。
自分なりに衣装と関わり続けて参りました。

今ちょうどファルダの裾周りの事を調べているので衣装についていろいろ考えてみると、「そういえば、その年毎に流行があったなぁ」などと思い出したので、ちょっとまとめてみました。

●最初の発表会の時は、先生から「下手なんだから派手な衣装で」と言われ、○○リアでどピンクの水玉ワンピースを購入!
ちびっ子なもんで裾一段ボランテを外したにも関わらず、めっちゃ重くてセビのブエルタで何度も振り回されました。
→そこで、次回は軽い衣装を作ろうと決意!

●二回目の発表会では、初めて自分のフラメンコ衣装を作ってみた。
紫色のジョーゼットで憧れのツーピースに挑戦!
→軽くて気に入っているが、裾周りが狭すぎたと反省。
しかし!!!この年の暮れに先生がレギュラー出演していたアル○○ブラで一度だけセビを踊らせてもらった事があり、なぜかその時の私達の写真が今もアル○○ブラHP「店舗紹介」に使われているのが笑える、、、。
ボケてるけど真ん中のパープル衣装がワタクシです♪

●三回目の発表会では、初めて仲間の衣装も作ってみた。
友達の2着と自分の1着、全部ワンピースでした。
この年はワンピース気分だったのだなぁ。
次第にヌメロも難しくなり、踊りやすさとファルダの掴みやすさ重視でたっぷり分量のシルエットにしたけれど、、、。
→Aラインタイプの衣装は後でDVDを観てもなぜかしっくりこなくて、次回はヒップラインが出る衣装にしようと決意!

●四回目の発表会の時には私はアトリエを立ち上げており、何人かの衣装を作らせていただきました
この年はすべて「Vネックのノースリーブブラウス+裾たっぷりボランテ付きファルダ」のツーピースが主流でしたね。
もちろんあこがれのセミマーメイドラインをみんなに勧めた!
→この頃から「衣装は着回しが利くように作るべし!」と気付く。

●五回目の発表会(来年二月)の衣装は、今まさに制作中です!
今回はなんと、全員ぜ~んぶ「袖付きブラウス+セミマーメイドファルダ」のツーピースなのですよ!
それも、ほとんど無地素材なのだー。(めっちゃ着回し利きまっせ!)
みんな、作る衣装が大人っぽくなってきたよね♪
衿ぐりや身頃にもフリルがたっぷり付いて、袖は五分~長袖のフリル付き、さらにハイネックも多いので仮縫いにも力が入りますっ!
たしかにフリーのお客様からも「袖付き&ハイネック」のオーダーが多かったし、今年は身体を覆うタイプが大流行と実感!
→さて、今回は何を感じ、悟るのでしょうか、、、。

このように、毎回毎回反省と感動を繰り返しながら衣装を作らせていただいております。
自分も発展途上の練習生ゆえ、踊りも衣装も常に勉強でございます。
こんな私をいろんな形で支え、協力してくれる仲間やお客様には本当に感謝しています。
フラメンコ衣装はとっても高いですから、滅多に買えるものではありません。
特に「アトリエグラシア」のようなちっぽけなアトリエは、量産はほとんどなく一点物かオーダーメイドばかりなので割高なのに、買って下さるお客様がいる事は本当にありがたいです。
HPに遊びに来てくれるお客様が少しずつ増え、ステキなフラメンカ達がどんどん増えてくるのは本当に楽しい♪
私の発想の引き出しはまだまだ少ないので、皆さまからいろんな意見を聞かせてもらって私を育てていただけると嬉しいです!
「カユいところに手が届くアトリエ」目指してがんばるぞっ!!!
スポンサーサイト

ファルダの裾周り

フラメンコを愛する皆さま
ファルダの裾周りってキャリアや振付けによって人それぞれだと思うのですが、どれくらいの分量がお好みでしょうか?

●狭め(一周2~3.5M)
●中間(4~4.5M前後)
●広め(5M~7M~それ以上)

※ちなみに()内の裾周りは、総スカート丈90~95cmで裾一段ボランテ(13~15cm幅)の付け線を一周計った場合の寸法です。
全くボランテが付かないシンプルなファルダの場合はもっともっと広いと思います。

とはいっても、シルエットやスカート丈によって裾周りは大きく影響されますが、
●初心者=ウエストから広がるサーキュラーラインのような広~い裾周りの方が多いですよね。
●中級者=ヒップをフィットさせながらも簡単にファルダをつかめるくらいのセミマーメイドラインに変化していき、、、
●上級者~プロ=膝上までフィットしたマーメイドラインや蹴回しの狭いAラインで、ファルダさばきよりもブラソ重視!みたいな、、、。

踊りが上手くなればなるほどフィット感が増していき、
ファルダが狭ければ狭いほど扱いが難しいけど、プロっぽくてステキ。
憧れます、、、。

なぜ、ファルダについて疑問を持ったかというと、
実は最近、お教室によって「狭い」「広い」の尺度がまったく違うんだという事を強く感じたからです。
ちなみに私は最近、ヒップ下までフィット感があるセミマーメイドラインのファルダを作る場合、裾周りは4~4.5Mがほとんどです。
それで踊りやすいだろうと考えていましたが、もしかしたら狭いのかも?とちょっと不安になったりして、、、。
これからオーダーを請ける時は、ファルダの裾周りも好みをちゃんと確認しなきゃいけないと実感しました。
自分が常識だと思っている事は決して全員に対してベストな訳ではありませんから、多くの皆さまの意見を聞かせていただけると嬉しいです。

我が母校にて、衣装のお披露目

大変ごぶさたの日記でございます。
嬉しい事に、来年の発表会に向けてのオーダー衣装が集中してまして、更新も減ってしまいました。
最近は、家に引きこもって作業しているか、外でお客様と打ち合わせしているか、レッスンに行ってるか、だけの代わり映えしない日々を送っているので、大したネタもなく、、、。
踊りに関してはただいま苦戦中なので、前向きなコメントは出来そうにない状態です。とほほ。

、、、と、そこへ
先日、私の母校「北海道ドレスメーカー学院」よりTELがあり、
「卒業制作ショーの会場に、フリーで活躍している卒業生の作品を展示したい」との事。
北海道ドレメは私の服作りの原点です!!
私に役立てる事があるならばと、さっそく私の自前の衣装と資料を送ったところ、、、
こんなにステキに飾ってくれました!
ドレメ写真縮小753

ちょっとおおげさすぎ~~~ !!!
まるで「その道のプロ」みたいじゃないですか!
(現実はよちよち歩きだとゆーのに!!!)
でも、北海道でフラメンコ衣装を見る機会なんてほとんど無いでしょうから、皆さまに楽しんでもらえたかな?と思います。
どんどん北海道にもフラメンコを広めたいですからね♪

キレイな新校舎で昔の面影はないけれど、昔の私と同じように夢と希望を持ってファッションを志す生徒さん達がいる。
相変わらず景気の悪い北海道、いや、このご時世では東京でも就職は大変だと思うけど、一人でも二人でも多くの生徒さんが「自分の未来」に夢を描いてくれたらなぁ~と願うのでした。
(当時はまさか、フラメンコ衣装を作るなんて想像もしていませんが、、、)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

erte(エルテ)

Author:erte(エルテ)
erte blogへようこそ!
フラメンコ衣装専門のアトリエを経営しています。
atelier gracia (アトリエグラシア)のHPはこちら
www.ateliergracia.com/
ぜひご覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。