FC2ブログ

erte blog

フラメンコに奮闘する日々、新作衣装のお披露目、感動した出来事、 何気ない日々の出来事などを紹介します。

2008-09

初公開!私の振付けノート♪

DSC01753_convert_20080918131109.jpg
皆さん、振付けはどんな方法で覚えていますか?
メモ派、録音派、記憶オンリー派、いろいろだと思いますが、今日は私の㊙振り付けノートを初公開いたします!

薄いグレーの記念すべき一冊目、日付はなんと『H15,5,11』!
ホセ三浦氏のパルマ個人レッスンからスタートです。
その後、グループレッスンの時のパルマをメモし、 その半年後に初めて踊りクラスに入会したので、次第に振付けノートとなって行きました。

あれから約5年、オシャレなノートから、いつでもどこでも買える無印良品のリングノートに変化し、現在4冊目も後半に差しかかりました。
いつも全部レッスンバックに入れて持ち歩いているので、もうボロボロです。

毎回、レッスン帰りの電車の中で必死に足動かしながら書いているので、すごく雑で字も汚くて、自分にしか理解できない落書きなので、お見せするのはちょっと恥ずかしいですね。 周りの乗客からはあやしいヤツだと思われながら、途中でやめずに自分の駅に着いても必ずホームで書き終えるようにしています。
(なぜかと言うと、家に着くとさっさとシャワー&ビールになっちゃうから!)

では私のメモ方法をいくつかお教えしましょう!

●足の裏&コンパス
エスコビージャの場合は、足の運びを足の裏の絵で描きます。
その時、右足と左足を区別する事がポイントですね。
足の絵のすべての横にコンパスの数字も書きます。
1連なら 「1、2、3、、、、」
2連なら 「1、1’、2、2’、3、3’、、、」
3連なら 「1、1’、1’’、2、2’、2’’、3、3’、3’’、、、、」
変則の場合はこれらを組み合わせて書き込みます。
「1、22’2’’3、4、1休、2、3」
DSC01760_convert_20080918130924.jpg

●足の種類&順番
ゴルペ=G、プランタ=P、タコン=T、プンタ=P(Pを○で囲む)として、
「右G、左G、右肩回す、左P、右P、、、」と書き、
さらにコンパスの数字を合わせて書き込むとリズムもわかります。
DSC01774_convert_20080918134444.jpg

●リズムを口三味線
「ターンタカティコティコタカタカ」
「パンパンパーン!パ、パーン!」
「ウパパ、ウパパ、ウパ」
などと、自分が分かる口三味線をメモっておくのは基本ですよね。
DSC01758_convert_20080918131031.jpg

●身体の絵
さらに、全身ポーズの絵を描いておけば完璧!!!
特にファルセータやマルカールは絶対ですが、上体の向きやブラソの表現が重要な場合は、身体の動きをコマ送りで描いています。
DSC01755_convert_20080918130833.jpg


このように、振りの内容によって必要な方法で書き分けています。
全てを完璧に書こうと思うと苦痛になってしまうので、自分がわかる程度に簡略化する事がポイントですね。
でも、ある程度メモっておくと、何年後に見直してもちゃんと思い出して踊れるので、せっかく習った振付けを忘れないためにも出来るだけノートに付けておくと良いと思います。

このノートは私の宝物なのだ!!!

スポンサーサイト

グアヒーラの風を感じる

土曜日エルフラにて、先日クルシージョを受けさせて頂いたカルメーラ・グレコさんと沙羅一栄さんのライヴがありました。
お二人は古くからのお付き合いらしく、テーマは『深絆 (lazo profundo)』
とても愛に満ちた心が温かくなるライヴでした。

特に感動したのは、カルメーラ・グレコの『グアヒーラ』。
沙羅先生から「彼女のグアヒーラは世界一よ!」と聞いていた通り、いえ、想像以上に素晴らしかった!!!

正直、グアヒーラにはワタクシ個人的にトラウマがありまして(発表会でギターのリズムが4拍子だったためズタボロに、、)、他の方の踊りを観ていても今まで大きく感動した事がなかったのですよ。
まったくもって私の勝手な偏見なのですが、、、 。

よく観るのは、キューバ娘の明るく小粋な『グアヒーラ』ですよね。
でもでも、カルメーラの『グアヒーラ』は今まで観たものとは違っていたのです。
喜びに満ちていて、キュートで可愛らしくって、でも母のような大きな愛に溢れていて、、、。
あのアバニコからそよぐ風を近くで感じたい!
観ていて自然と笑顔になっていました。

最近、ようやく心から楽しんで踊る喜びを感じ始めた私なので、これをきっかけにトラウマから解放されるような気がしてきました。
もっと器の大きい女になったら、いつか『グアヒーラ』を踊ってみよう。

カルメーラ・グレコのクルシージョ

ワタクシ、5年以上もフラメンコ習っていながら、今まで他の先生のクルシージョやオープンクラスを受けた事がありませんでした。
恥ずかしながら、「今年こそは初クルシージョ」が目標の一つだったのです☆

そして、ようやくチャンスが訪れました。
家から割と近い場所で、平日の昼間だったので迷いなく参加決定!
初めてのくせにスペイン人さんっていうのはハードルが高すぎるかとも思ったのですが、何事も経験ですもんね!

金曜にテクニカを、今日はブレリアを習って来ました。
カルメーラ・グレコさんはとっても優しくて、覚えの悪い生徒がいると目の前で見本を見せてくれたり、一人一人にちゃんと気を配ってくれます。
私がようやく上手く出来るとニコーッと微笑んでくれました♪
(どの先生もそうかもしれませんが、、、。)

テクニカの時は、ブラソ、マノ、頭の動きなど、基本中の基本を音楽に合わせてじっくりとこなし、半分は足で細かなパソを何種類も繰り返す。

今日のブレリアは、他の日に私が受けられなかったブレリア-1の復習クラスに参加して、かなり難易度高い振り付けを頭と身体に叩き込み、その2時間後にはブレリア-2クラスに参加してさらに続きの振り付けをみっちり習いました。
今日1日だけで私の記憶容量はかなりオーバー気味 !
ふわぁ~っ、疲れたぁ~~~っ!

初クルシージョでの私の感想は、、、感想というよりも反省かな。

聞き慣れてるリズムや、似たようなパソだとすぐに身体に入って来るんだけど、そうでない場合は簡単な振りでも脳から足先への指令が鈍くなるのだ!(老化か?)
頭ではわかっているのに、特にプランタ、タコン、ゴルペが混ざっちゃってなかなか思い通りに動かないのが悲しかった。
基本が出来ていれば、どんな振りでもすっと入って来るんだろうなぁ。
テクニカの時、「せっかくのクルシージョなのに、こんな基本から教わるの???」なんて気持ちになった自分が情けないです 。
やるべき事をおろそかにして来たから、いつまでたっても苦手を克服できないのだ。
どんなプロでも、皆さん日々基本を繰り返しているんだもんね。
ホントに反省ですよ、、、。

ところで、、、
いつものクラスでは踊りの時間は約30分で、私の振り付けノートは1日1ページしか進まないのですが、今日はなんと2時間で7ページ分でしたっっっ!!!
そりゃ、頭も身体もテンパりますわっ☆
思い出しながらメモするだけでも相当時間かかっちゃった。
でも私は超メモ魔なので、習った振り付けは全て書き込まないと気がすまないのです。

でも、受けてみて本当に良かった♪
貴重な体験をさせていただきました。
超ハードだけど、中上級ペースにも慣れていけるようになりたいし、とにかく自分の引き出しをどんどん増やして行きたい!

目指すは「本番でアドリブが利くワタシ」ですからっっ!

 | HOME | 

 

プロフィール

erte(エルテ)

Author:erte(エルテ)
erte blogへようこそ!
フラメンコ衣装専門のアトリエを経営しています。
atelier gracia (アトリエグラシア)のHPはこちら
www.ateliergracia.com/
ぜひご覧下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する